teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


合同企業セミナー

 投稿者:朝比奈  投稿日:2019年 2月18日(月)15時37分15秒
  研究室3年生へ
2月末から3月はじめに実施される合同企業セミナーの案内が届いています。必要な人は研究室まで取りに来てください。
 
 

プログラム

 投稿者:朝比奈  投稿日:2019年 1月28日(月)10時46分41秒
  海洋生物生理学研究室3年生へ

 卒研発表会のプログラムが届きました。朝比奈の勘違いで、発表会は2月6日(水)でした。間違えないようにしてください。生理学研究室の発表はなるべく聴くようにしてください。
 プログラムは朝比奈の机の上に置いておきますので、自分のを取ったら名簿にしるしを付けておくこと。

 以上
 

吉井さんへ

 投稿者:朝比奈  投稿日:2019年 1月15日(火)10時26分17秒
  12月25日の投稿を見落としていました。以下に従って訳を訂正し、1月16日(水)午後5時までにasahina,kiyoshi@nihon-u.ac.jp までメールで送ってください。普通にカウントしておきます。

4-10-23 吉井さん:danはcanの間違い。:「~する可能性がある」/ 昆虫ではなく魚の話だから、larvaeは「仔稚魚」とする。/ transferは「変える」ではない。場所の移動を言っている。辞書を引きなおす。

4-10-24 吉井さん:a range of~は「~の範囲」ではない。辞書を引きなおす。

4-10-25 吉井さん:henceを訳していない。Sperm motilityとfertilizationの間には関係があることを示している。 / can be affectedは単に「影響を受ける」のではなく「影響を受ける可能性がある」/ interstitial cellsは「隙間細胞」ではなく「間細胞(かんさいぼう)」とする。/ fromがあるので単なる「ホルモン障害」ではなく「ホルモン分泌障害」/ disturbanceは「妨害」ではなく「混乱」とか「撹乱」の意味。/ 最後の「発達的な異常に」は「発達異常による」:byをきちんと訳すこと。

4-10-26 吉井さん:in metabolizing steroidsは「ステロイドを代謝することにおいて」つまり、「ステロイド代謝において」/ plasma levelsをきちんと訳す。ホルモンのplasma levelsとは何か? この場合の plasmaは血液と関係がある。

以上
 

単語テストの返却

 投稿者:朝比奈  投稿日:2019年 1月 7日(月)13時56分25秒
  演習 I (朝比奈)受講者へ

 単語テストの採点が終わったので、早めに見たい人は研究室まで取りに来てください。
 16日は普通に授業をやって、23日に期末テストをやる予定です。前期と同様、テストの際に単語テストを参照してかまいません。
 以上
 

5班に人へ(訂正)

 投稿者:朝比奈  投稿日:2019年 1月 1日(火)15時07分47秒
  新年を迎えました。今年も手を抜かずしっかりやってください。
以下に従って自分の訳を訂正し、1月5日(土)午後5時までに、asahina,kiyoshi@nihon-u.ac.jp までメールで送ってください。前に示したルールをきちんと守ること。

4-10-9 福田さん:訳が届いていない。

4-10-10 福田さん:訳が届いていない。

4-10-11 藤田さん:だいたいよいが、この場合の effect はネガティブな意味なので、「効果」ではなく「影響」とする。ただし、「毒性」の中に「影響」の意味も含まれるので、日本語では「毒性」だけでよい。/ 「アゴニスト」と「アンタゴニスト」の意味を調べる。簡単に言えば、前者はホルモンのふりをして作用するホルモン以外の物質。後者は、ホルモンの受容体に蓋をして、本当のホルモンの作用を妨げる物質。

4-10-12 藤田さん:この訳はこれでよい。正確に言えば「あるホルモンはその受容体と」

4-10-13 藤田さん: these は何を指すか? 考えて具体的に書く:これらの~は・・・/ be located:「~に位置する」でも悪くはないが、「~に存在する」の方がわかりやすい。/ in the cell membraneは、この場合「細胞膜上に」と訳す。/  concentration を勘違いしている。ホルモンや生理活性物質の concentration は「凝縮」ではない。辞書を引き直すこと。

4-10-14 藤田さん: thenは「その時」ではなく「それから」/ whichを訳していない。このwhichは何を指すか? この場合、steroidが結合したreceptor,すなわち、ステロイド-受容体複合体を指す。/ 最後の within the DNA of the nucleus は、「核のDNA内の」ではなく、「核内のDNAの」

4-10-15 松浦さん:mayを訳していない。このmay はrecognizeとbind and actの両方にかかる:「・・・認識するかもしれない。そして・・・結合して・・・作用するかもしれない」

4-10-16 松浦さん: hormone mimicsは「ホルモン模倣体」よりは、「疑似ホルモン(本当のホルモンの真似をする化学物質)」の方が一般的。

4-10-17 松浦さん:意味の捉え方はだいたいよい。/ 最初のthe receptorはtheがついているので、前の文に出てきた受容体を指す。「その受容体は」/ be boundは自動詞的に訳す:・・・結合するかもしれない。/ 「とても強く」の「とても」は不要。

4-10-18 松浦さん:mayの訳は「生じるだろう」くらいがよい。/  哺乳類におけるDDT代謝物DDE抗アンドロゲン作用 -> 哺乳類におけるDDTの代謝物であるDDEの抗アンドロゲン作用

4-10-19 山田さん:最初の「両方の場合」は何と何の場合か? 考える。/ pollutantは単なる「汚染」ではなく、「汚染物質」/ relative affinityは「相対的な親和性」:つまり、汚染物質と天然ホルモンの、受容体に対する「相対的な親和性」。/ 最後のwill determine the activityは、「活性によって決定される」のではなく、「活性を決定するだろう」

4-10-20 山田さん:冒頭のin the case of~を正確に訳す:~の場合には / ここも、pollutantの訳がよくない。/ couldは可能性を示し、その後のeither・A・or・B・にかかっているから、「AかBのいずれかに影響する可能性がある」/ 最後のthe production and action of the second messengerは、「セカンドメッセンジャーの産生と作用」

4-10-21 山田さん:adenyl cyclaseは酵素なので、冒頭のinhibitionは「抑制」より「阻害」がよい。/ changesを訳していない。

4-10-22 山田さん:ここのdirectは形容詞で、「直接の」。つまり、「直接的要因」/ ここも、pollutantsをきちんと訳す。/ 「遺伝子発現(gene expression)」などとはどこにも書いてない。gamete developmentをきちんと訳す。/ 同様に、by disruption of も訳していないし、hormone balanceのbalanceも訳していない。:ここの訳は明らかに手抜きだ。やり直し。

以上
 

5班の人へ(割り当て)

 投稿者:朝比奈  投稿日:2018年12月24日(月)12時46分17秒
  以下のように課題を割り当てます。自分なりに訳して、12月29日(土)午後5時までにasahina.kiyoshi@nihon-u.ac.jpまで訳を送ってください。

福田さん:
4-10-9 Morphological changes may also result from pollutant exposure, but it is necessary to distinguish between primary causes in which the pollutant directly affects the cellular integrity of the gonad, and secondary causes which result from under or over secretion of pituitary gonadotrophin.

4-10-10 Pollutants can also affect a range of developmental processes within the embryo and larvae.

藤田さん:
4-10-11 In addition to their toxic effects, some pollutants may act as hormone agonists or antagonists.

4-10-12 To act, a hormone must bind to a receptor.

4-10-13 In the case of large peptide molecules such as gonadotrophin, these are located in the cell membrane, but cause concentration changes within the cell of second messengers such as c-AMP or calcium.

4-10-14 Small molecules such as steroids pass through the membrane and bind to receptors within the cell, which then initiate translation of relevant genes within the DNA of the nucleus.

松浦さん:
4-10-15 Such receptors may recognize a pollutant, such as an environmental estrogen, bind it and act in the same way as if they had bound the natural hormone.

4-10-16 Such pollutant will act as hormone mimics.

4-10-17  Alternatively the receptor may bind a pollutant, but fail to elicit the same changes that occur when it binds to the natural hormone, or it may be bound so strongly that it cannot be displaced by the natural hormone (Figure 4.11).

4-10-18 The anti-androgenic action of the DDT metabolite DDE in mammals (Kelce et al., 1994, 1995) may result from such mechanism where the receptor site is blocked and cannot bind the natural hormone.

山田さん:
4-10-19 In both cases, the relative affinity of the pollutant and the natural hormone for the receptor site will determine the activity.

4-10-20 In the case of membrane receptors for peptide hormones such as gonadotrophin, pollutants could affect either binding of the hormone to its receptor or the production and action of the second messenger.

4-10-21 Inhibition of adenyl cyclase or changes in calcium balance could be particularly important in this respect.

4-10-22  In addition to these direct factors affecting the endocrine part of the gonad, pollutants may affect gamete development by disruption of hormonal balance, nutrition and growth.

吉井さん:
4-10-23 In the ovary, pollutants may be transferred into the oocytes where they dan affect normal development of the larvae.

4-10-24 Such development may be regulated by thyroid hormones, growth hormones and a range of intracellular messengers.

4-10-25 Sperm motility, and hence fertilization, can be affected by developmental abnormalities resulting from either faults in the hormones from the interstitial (Leydig) cells, or by nutritional abnormalities resulting from disturbance of the Sertoli cells.

4-10-26 The liver plays an important role in metabolizing steroids, and hence in maintaining the plasma levels.

30年度はこれで終了
 

4班の人へ(訂正)

 投稿者:朝比奈  投稿日:2018年12月23日(日)18時33分57秒
  以下に従って自分の訳を訂正し、12月26日(水)午後5時までに、asahina,kiyoshi@nihon-u.ac.jp までメールで送ってください。前に示したルールをきちんと守ること。

4-9-33  辻さん:訳が届いていない。

4-9-34  辻さん:訳が届いていない。

4-9-35  辻さん:訳が届いていない。

4-9-36 豊田君:日本語の意味がよくわからない。まず、構文を確認すること。最初のif節(if~spawning)は仮定である:もしこれがwith以下と組み合わさったら:「これ」は何を指すか? 当然、前の文章に出て来たものだ。前の文章の主語の「規制されない漁業」指す。/  decreaseもshortenも他動詞だ:「低下させ」「縮める」/ which以下はhigh pollution levelsの説明だから、「生き残った魚の孕卵数を減少させ、彼らの寿命を縮め、それによって産卵回数も減少させる高汚染レベル」/ 最後のところは、「recrutmentはもはやlossesとmatchすることはできず、stockはrapidly にdeclineするだろう」:matochは、「一致する」というよりは、この場合、「~に見合う」:~を埋め合わせることができない、という意味。

4-10-1 豊田君: a range of~をきちんと訳す:「広範囲の~」/ あとはよい。

4-10-2 豊田君:ここはだいたいこれでよい。

4-10-3 長田さん:any greater extent than any other area of the brain は、「脳の他のどんな範囲よりも大きな範囲に」:視床下部以外のことを言っている。/ determineは、「発見する」というよりは「明らかにした」

4-10-4 長田さん:最初のところは、「汚染物質はまた」/ inhibit の訳は酵素に関して使うときは「抑制する」よりも「阻害する」の方がよい。/ あとはよい。

4-10-5 長田さん: 最初の「それら」は何を指すか? 前の文章から考えること。/ 最初の、「取り除かれた下垂体の総合する能力」は何かを誤解している:alterは「変える」と訳し「~を変えることによって下垂体に影響する可能性がある」/ synthesizeは「産生」,releaseは「放出」:・・・を産生・放出する能力を変えることによって / GtH~GHはsynthesize and release の目的語である。つまり「性腺刺激ホルモン(GtH)、甲状腺刺激ホルモン(TSH)、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の産生と放出の能力を変えることによって」:この場合の「変える」は減少/低下させる意味。/ which in turnのところは、「そのことは次に」:つまり、下垂体からのホルモン産生と放出の能力を低下させるから、次に標的器官への刺激が低下する。/ will lead to ~は、「~を導くだろう」

4-10-6 花房君:全体の構文を見ると、Such effects might be exerted by~、by~、by~ であるから、「・・・脳下垂体への形態的な損傷を起こすことによって、また、ホルモン生成のメカニズムに影響することによって、もしくは・・・」とつなげるとよい。/ 「生殖腺ホルモン」とはあまり言わない。「性ホルモン」とする。

4-10-7 花房君: affectは「作用する」というよりは「影響する」

4-10-8 花房君:involveは「必要とされる」というより「関与し」/ gonadal synthesis and hepatic catabolism は現象の起る場所を示し、「生殖腺での生合成と肝臓での異化」/ a range of~ は「あらゆる~」ではなく、「広範囲の~」/ be sensitive to~は、「~に感受性がある」と訳す。

以上
 

4班の人へ(割り当て)

 投稿者:朝比奈  投稿日:2018年12月17日(月)18時28分24秒
  以下のように課題を割り当てます。自分なりに訳して、12月22日(土)午後5時までにasahina.kiyoshi@nihon-u.ac.jpまで訳を送ってください。

辻さん:
4-9-33 For all species loss of food, both animal and vegetable, can lead to starvation, poor health and decreased fertility or premature death.

4-9-34 Controlled fisheries taking a limited number only of those fish that have had the opportunity to reproduce at least once may have a relatively small effect on population numbers.

4-9-35 Uncontrolled fishery with use of smaller mesh sizes for capture of immature fish, together with larger numbers of unwanted non-commercial species can have a more serious impact.

豊田君:
4-9-36 If this is combined with high pollution levels which both decrease the fecundity of the remaining fish and shorten their lifespan and therefore their number of spawnings, recruitment can no longer match losses and stocks will rapidly decline.

4-10 Mechanism of action

4-10-1 Pollutants can act at a range of sites within the reproductive system (Figure 4.10).

4-10-2 Pesticides, in particular, can damage the nervous system and so might be expected to damage the neurons involved in reproductive behavior, transmission of retinal or pineal signals of seasonal or diurnal cyclicity or in regulation of the hypothalamus.

長田さん:
4-10-3 There has been, as yet, no studies to determine whether these neural functions are affected to any greater extent than any other area of the brain.

4-10-4 Pollutants may also inhibit the enzymes involved in brain aromatization of testosterone which may be important in feedback signaling from the gonads.

4-10-5 They can affect the pituitary by altering its ability to synthesize and release gonadotrophin (GtH), thyrotrophin (TSH), adrenocorticotrophin (ACTH) and growth hormone (GH) which in turn will lead to decreased stimulation of the gonads, the thyroid and interrenal glands and general growth.

花房君:
4-10-6 Such effects might be exerted by causing morphological damage to the pituitary, by affecting the hormone synthesizing mechanism or by inhibiting the feedback regulation by gonadal and thyroid hormones.

4-10-7 Within the gonad, thyroid, interrenal and liver, pollutants can affect the activities of biosynthetic enzymes.

4-10-8 Cytochrome P450 enzymes, which are involved in many steps of both gonadal synthesis and hepatic catabolism, are sensitive to a range of pollutants (see Chapter 9).

以上
 

3班の人へ(訂正)

 投稿者:朝比奈  投稿日:2018年12月17日(月)18時18分36秒
  以下に従って自分の訳を訂正し、12月19日(水)午後5時までに、asahina,kiyoshi@nihon-u.ac.jp までメールで送ってください。前に示したルールをきちんと守ること。

4-9-21 坂本君: At lower concentrations の at は、「~では」の意味だから、正確には、「より低い濃度では、発育は正常であるかもしれない」となる。何が「低濃度」なのか考える。/ any があるので、「どんなステロイド産生の阻害も」:生成より産生の方がよい。/  hormonal profile の profile は、この場合「輪郭」ではなく「ホルモン産生パターン(産生機序や産生量の変化)」のこと。 / 最後のsexualは両方にかかる。sexual differentiation は訳し方が決まっていて「性分化」、同様に「性発達」(二次性徴などを意識している)/ ~and/or~は、「~と~の両方、あるいはいずれか」

4-9-22 坂本君:when~(~のとき)をきちんと訳す。:稚魚が繁殖上の成熟状態を達成したとき

4-9-23 坂本君:as yet~を訳していない:今のところまだ~ない / 全体の構文をきちんととらえていない:文章全体は、「今のところまだ~ないがそれは、・・・であろう。」となる。 / such possible second generational effectsは「そのような、第二世代にまで影響が及ぶ可能性」/ if demonstratedをきちんと訳していない:もし示されれば / 最後の long term viability of fish stocksを訳していない。:魚類資源の長期にわたる存続

4-9-24 志田さん:ここは難しいが、全体の構文をまず見ること。骨組みは、each pecies has adapted to ~だから、「それぞれの種は~に順応してきた」である。その後に続く so that~の構文もきちんと見る:~するように :従って、「それぞれの種は~するように順応してきた」というのが全体の意味である。/ 次に~のところをきちんと訳す:such~as~の構文があるので、これもきちんと訳す:~のようなバランスをとるように / どのようなバランスか?
increase numbers as the opportunity arises は「(繁殖の)機会が増えるにつれて個体数を増加させ」/ 最後のところは、「補食活動や病気により取り除かれる(死んでしまう)数を補充するように」

4-9-25 志田さん:competition for ~は、「~に対する競争」/ 確かに、訳としては「わずかな割合の生存を保証する」となるが、意味としては「わずかな割合の生存しか保証しない」とした方がわかりやすい。/ remainderは「残った個体」

4-9-26 志田さん:文章の骨格は、only two need to survive and reproduceである。すなわち、「たった2個体だけが生き残って繁殖する必要がある」。out of ~ over a lifetimeは、このtwoを説明している:~であるような2個体 / out ofはfromと同じ意味で、「おそらく200万以上の卵から」=「おそらく200万以上の卵のうち」:200万分の二ということで0.0001%になっている。/ over a lifetimeは「一生の間で」

4-9-27 仙道さん:主語を見極めること。また、small numbers of eggsを誤解している:主語は、「(大型の)少数の卵を産む戦略をとる種」/ high lossesは「高い死亡率」/to obviateのところの不定詞は「~のための」:高い死亡率を防ぐための親の世話

4-9-28 仙道さん:「狂わされる」というよりは、「容易にくつがえされる」

4-9-29 仙道さん:equilibriumは確かに「平衡/釣り合い」だが、この場合は「バランス」とした方がわかりやすい。/ この場合のcouldは「かもしれない」というよりは「可能性がある」の方に近い。

4-9-30 立石君: sweptは「流れる」というよりは、「流される」と訳す。

4-9-31 立石君: vetetationは「植物」よりも「植生」の方が適当。あとは、よい。

4-9-32 立石君:構文としては、Absence of such vegetation may either・・・or・・・だから、「そのような植生の欠乏は卵の生存を減少させるかもしれないし、また、・・・」とつなげる。/ ifをきちんと訳す:もし植生の存在が・・・/ synthesis of maturation inducing steroidは「(卵)成熟誘起ステロイドの合成」/ may ・・・even prevent spawningは「産卵さえ妨げるかもしれない」

以上
 

立石君の割り当て

 投稿者:朝比奈  投稿日:2018年12月14日(金)13時11分31秒
  3班の立石君の割り当てが抜けていました。12月16日(日)午後5時までにasahina.kiyoshi@nihon-u.ac.jpまで訳を送ってください。

4-9-30 Spawned pelagic eggs may have low survival rates if swept into polluted ocean currents.

4-9-31 Vegetation which is necessary as a spawning substrate for many  *demersal eggs and as nest building material for some species exercising parental care may be affected by pollution.
*底生の(水底に産み付けられる)

4-9-32 Absence of such vegetation may either decrease the survival of the eggs or even prevent spawning if its presence is an essential visual cue which either triggers synthesis of the maturation inducing steroid or courtship behavior.

以上
 

レンタル掲示板
/4