teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


春近し

 投稿者:オリ~ブ  投稿日:2021年 2月19日(金)21時02分0秒
  久喜市のコロナ感染者445名…ワクチンの話題も出始めましたがまだまだ油断できませんね。
昨日は午前のあこや練習に続き、午後は混声合唱の集「らん」さんの練習も行われました。
私も会場の鍵を預かっていたので、後ろの方で聴かせていただきましたが、あわて床屋、
ペチカ、待ちぼうけ、月の砂漠などなど、懐かしい歌の数々にひととき郷愁に浸っていました。
そんな日本の心の原点のような曲があまり歌われなくなったことが勿体ないですね。

7月11日(日)に予定されている「あこや演奏会」の開催は無理だろうという雰囲気が
ありましたが、ワクチン接種の希望が見えてきたら急にソワソワとしてきました。
舞台衣装の係はあれこれ古いものも引っ張り出してきたり、新調ドレスの案を出したり…
となると、チラシ・プログラム係の私も落ち着かなくなり、いくつかの無料デザインを
使ったチラシの作成を始めました。目が回るほど超多忙なのに…(@_@)

でも春も確実に近づいてきましたね。水の底でじっとしていたメダカたちも動き出し、
凍えていた畑の野菜たちも少しずつ成長を始めました。春っていいな(*'▽')
 
 

新年度スタートです。

 投稿者:オリ~ブ  投稿日:2021年 1月28日(木)21時53分32秒
  今日は練習を早めに切り上げて、2020年度の総会を行いました。
いつもは総会の議事のあとは、みんなで持ち寄ったり取り寄せたりしたご馳走で
大宴会(?)が行われていましたが、コロナの影響で飲食ナシとなりました。

市内のコロナ感染者も390名を越しました。あこやの練習もマスク着用で
臨んでいますが、心配な人は自由に欠席しても良いことになっています。
歌は歌いたしコロナは恐し…ですね。ほとんど高齢者ですものね。

さて7月のあこや演奏会も、10月の合唱祭もどうなることでしょう。
良い年度になるといいですね。 (^^♪(#^.^#)(*^_^*) コロナに負けるな!
 

「天使」

 投稿者:オリ~ブ  投稿日:2021年 1月23日(土)20時22分16秒
  現在練習中の素晴らしい作品…
川崎洋さんの作詞、新実徳英さんの作曲による「やさしい魚」(全5曲)
から、「天使」の詩を紹介します。

まなざし
だけ が
みえる


の かたち
でなく

まなざし
という


むこう の
いめーじ


おなじように
つばさ

きず


そして
てんし

ことよせて
ひどいこと

いいそう

なる
のを

いっしょうけんめい

こらえる


どうでしょう。
言葉の一つひとつに込められた思いの深さが、重さが
痛いほどに伝わってきます。
これをね「まなざし~♪」と軽~く歌っちゃうわけですよ。すると…
先生の声が飛びます。「そのまなざしは節穴から覗いているんですか?」なんてね。
またハミングがたくさん出てくるのですが…
「そこは想いがあふれて言葉にもならないほどの気持ちを表しているのに、
その薄っぺらな鼻歌はなんですか」なんて言われます。
まさにご指摘の通りなんですけどね(^^♪
いえいえ、私たちだって詩の心は泣きたいほどわかるんですよ。
技術が追いつかない悲しさ…悔しくて申し訳ないですね。




 

休日のひとりごと

 投稿者:オリ~ブ  投稿日:2021年 1月21日(木)21時51分6秒
  今日は木曜日でしたがあこやの練習はありませんでした。
寂しいような、ホッとしたような…コロナですものね。
市内の感染者は360人位とか、よその合唱団は活動しているのでしょうか。
連絡を取り合うことさえ気が引けます。

今日はあこやの新しい連絡網を作っていました。
これまで何人もの人たちが仲間になりそして去り、今15名…寂しいですね。
30年間の歴史を刻む古い名簿を引っ張り出して数えてみました。
その人たちが全員残っていたとしたら、なんと55名くらいになってましたね。
大合唱団が出来ていた筈なんですよね。
誰もが様々な事情を抱えています。様々な希望と主張を抱いています。
人の流れは世の常ですものね。だあれのせいでもありゃしない~♪なんて歌ありましたね。
私も古い人間ですから、戦後歌謡なんて知り尽くしてますよ。自慢じゃないけどね。
どうでも良いことをつらつらと、これもコロナ鬱の気分転換でした(#^.^#)





 

コロナ禍のなか

 投稿者:オリ~ブ  投稿日:2021年 1月18日(月)11時43分16秒
  コロナの猛威が収まりを見せません。ここ久喜市でも感染者の増加は止まりません。
今朝は「ちょっと体調が…」と呟くと、家人が慌てて体温計を差し出しました(';')。
当然そうなりますよね(^_-)-☆

正月用に作った海苔入りの切り餅は、あまり食べなかったので小さなカビがチラホラ…
すごく美味しいのに何で食べなかったんだろうと思いながら小刀でホジホジしました。
ザルに広げて薄日のさすベランダに干しました。
コロナの菌に比べたらアンタのカビ菌なんて可愛いものね…フッ、なんて言いながら。

あこやの年度末となりました。順番性の役員交代となり、2月からはその一員に。
よりによってコロナの時代に…と気が重いスタートとなります。
予定が先延ばしになっていた7月11日の演奏会もどうなることやらです。

雲が流れる青空の下…何も知らずにのんびり草を食むウシはエエなあ…
管理人の部屋に年賀状の詩を書きました。品位がない文でっせ。
 

謹賀新年

 投稿者:オリ~ブ  投稿日:2021年 1月 8日(金)17時42分21秒
  1月の練習予定
   南2丁目集会所  9:40~12:00

 7日(木) 酒井先生  練習曲 やさしい魚
14日(木) 酒井先生
21日(木) お休み
28日(木) 酒井先生  総会・役員の交代(';')

新年あけましておめでとうございます。
昨年に引き続きコロナコロナの報道ばかり、久喜市においても感染者数が
300人を超しました。日々の増加数に先行きが危ぶまれます。
さいわい私たちあこやメンバーの周辺には感染者はいない…と思いますが
こればかりは、いないことを祈るばかりです。

あこやの私たちも不安を抱えながらマスク着用で歌を歌っています。
でも休みたい人は休むようにと言うことで、昨日は10人での練習でした。
「やさしい魚」は大好きな曲です。いくら歌っても飽きない('◇')ゞなんてね。
新実徳英氏の曲もいいし、何といっても川崎洋氏の詩がこれまただいすきです。
こんな突拍子もない詩…いいえ名文が書けたらなあ~と、平々凡々でしかない私はとても憧れます。

今年の年賀状には、まさに突拍子もないというか節操も品もない詩・文(?)を書きました。
すると酒井先生が面白がって曲をつけて下さって…まだ途中までですが、先ほどラインで送って下さいました。
詩はそのうちブログでも紹介します。笑わないでね。いえ笑ってください。

みんなみんなコロナに負けず、コロナにかからずに元気で過ごしましょうね(^o^)丿


 

「あこやだより」12月号

 投稿者:オリ~ブ  投稿日:2020年11月29日(日)20時36分47秒
  12月の練習予定
     南2丁目集会所  9:40~12:00

 3日(木) 酒井先生 (お茶タイム有り)
10日(木)  〃
17日(木) お休み
24日(木) 酒井先生
31日(木) お休み

11月14日に東京・光明寺さんで学友会さんの演奏会がありました。
コロナ禍のため客席数を調節しての演奏会でした。先生はじめ歌い手も全員フェイスシールドを着用。

「重誓偈から佛教讃歌への祈るような歌声は今の世情を思い心に染み入るものがありました。
リコーダーの二重奏は楽しく聞き惚れました」と、あこやから聴きに行ってくれた2名の方の感想です。
 

その気になって歌えば

 投稿者:オリ~ブ  投稿日:2020年11月26日(木)22時00分58秒
  久喜市内のコロナ感染者数も85名を数えるようになりました。
でも自分は大丈夫…そんな根拠のない自信をもって毎日を過ごしています。
今朝はあこやの練習日でしたが、久喜駅と東鷲宮駅間の沿線火災により電車がストップ。
そのために二人欠席、先生は自家用車で会場入りしてくれました。

先生によるシャンソンの二部構成への編曲も5曲出来上がり、今日はそれらの練習。
一生懸命歌えばいいってもんじゃないってこともよく分かるのですが、モンマルトル広場や
シャンゼリゼ通り、セーヌ川、古い街並みに響く馬の蹄の音…映画のワンシーンも思い浮かべながら歌っていても…
口から出るのは身に沁みついた純和製の声と表現の乏しさよ。トホホです('◇')ゞ♪
先生が歌うと素敵な情景が目に浮かぶんですけどね。
メンバーでは誰もパリの街に行ってはいませんが、想像力を駆使して頑張りましょう。
 

お知らせ

 投稿者:オリ~ブ  投稿日:2020年11月10日(火)00時24分30秒
  コロナ禍のために本年の久喜市合唱祭とあこや演奏会が中止となりましたが
2021年の予定が決まりました。
● 第13回「あこや」演奏会  7月11日(日)久喜総合文化会館 小ホール
● 第39回久喜市合唱祭    10月31日(日)  〃  〃   大ホール

久々の小ホールでの演奏会となりますが、果たしてコロナはいつ頃終息するのでしょう。
日々の感染者数を知るたびに、果たして演奏会ができるのかどうか不安になります。

先日の練習には酒井先生に加え池濱先生にもおいで頂き有意義な練習ができました。
コロナ不安や健康などの理由で休部に入った仲間もいるのでメンバーが少なくなり
3部合唱から2部合唱に変更したりして…少し戸惑いながら歌っています。

・虫の音もいつか途絶えて冬支度

あんなに夜通し鳴いていた虫たちの声が、ふと気が付くとパッタリ聞こえなくなり
年賀状の発売ですと…今年はなぜか時間と季節の感覚が狂っている感覚を覚えます。
マスクしてシャンソン歌うなんて日がくるとも思ってもいなかったですものね。
みんなコロナのせいよ! それでも団員募集チューで~す?!
 

「あこやだより」11月号

 投稿者:オリ~ブ  投稿日:2020年11月 3日(火)20時45分11秒
  11月の練習予定
    南2丁目集会所  9:40~12:00

 5日(木) 酒井先生、池濱先生 (お茶タイム)
12日(木) 酒井先生
19日(木) お休み
26日(木) 酒井先生

今月の「あこやだより」に部長さんのお言葉が書かれていました。
 毎回4人で前に出て歌う こんな光景懐かしい そして一人ひとりが堂々と
胸を張って歌う 事前に練習を重ね 音とりにがんばる 先生の「やっぱりみんな
上手になってるね」のことばに励まされながら みなさん楽しく歌いましょう!

ついでに「ニャンと気ままに…♪」から詩を紹介してもらいました。

「待合室」〇〇病院にて

長い時間がすぎていた
診察室のドアが開いて
看護師が名前を呼んだ
「〇〇〇〇さーん」
待合室の長椅子の人たちが
一瞬顔をあげるが
すぐに落胆したように
小さなため息をついて
床に視線を落とした
朝から幾度となく繰りかえす
儀式かのように

診察室のドアが開いて
看護師が名前を呼んだ
「△△△△さーん」
ある有名な女優と同じ名を呼んだ
みんなが一斉に顔をあげて
名前の主を探そうとしたとき
一人の老婆がひどくゆっくりと
杖を頼りに立ち上がり
覚束ない足取りで
診察室へと向かっていった
誰もが隣人と顔を見合わせた
…だよね…
まるで十年来の知己かのように
互いに小さな笑みを浮かべながら

※日本語の詩はやはりタテ書きの方がよいのですが…
 

レンタル掲示板
/46