teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お礼

 投稿者:小宮孝泰  投稿日:2015年 1月18日(日)12時51分45秒
  皆様、石井光三社長へのお言葉ありがとうございます。
社長が色々な方に慕われていたのだと偲ばれます。
詳しいレスは、また後ほど。誠に有難うございます。
 
 

お悔やみ申し上げます

 投稿者:ガルシア  投稿日:2015年 1月17日(土)09時08分47秒
  石井さんのエネルギッシュな仕事ぶりと優しさは今でも忘れません。
素晴らしいコント赤信号を育てて頂きありがとう御座います。
合掌 

http://www3.plala.or.jp/GARUSHIA/

 

石井光三社長

 投稿者:nanasuke  投稿日:2015年 1月15日(木)22時06分59秒
  石井光三社長のご訃報に接しこころよりお悔やみ申し上げます。

わたしが石井光三社長を意識して初めて拝見したのは「ひょうきん族」だったように思います。
一度見たら忘れられない、人懐っこそうで、かつ「強そう」なお姿と、一度聞いたら忘れられないあのお声での「しゃちょー!」
小宮さんのおっしゃる「したたかな計算」、改めて石井光三社長のことを思い出すと、そうかもしれないな、と気づかされます。
お姿もお声もインパクトがありますものね。
それでいてそのインパクトは「型」がはっきりしていて、思い出した記憶の中の石井光三像にブレがありません。
誰かが石井光三社長のモノマネをすると多くの方が、「石井光三のモノマネしてるな」ってわかるようなそういう強い「型」。はっきり長く記憶に残る気がします。

小宮さんが所属されていた事務所の社長さんとして、一方的に親近感を抱いていたのはもちろんですが、役者としての石井光三さんも好きでした。
宇津井健さんが主演されていた車椅子の水島弁護士シリーズでの、石井光三さんが好きでした。

何年前になるでしょう。
石井社長が泥棒か何かの被害にあわれたことがありました。
ちょうどその頃、わたし自身鬱々とした気持ちを抱えた時期だったのですが、「小宮さんの事務所の、あの石井光三社長はあんな被害にあってもがんばっていらっしゃるんだ。自分もなんとか乗り切ろう」
と自分自身、変な奮い立たせ方をさせていただいたことを思い出します。本当に変な理屈ですが(笑)

それと勝手な親近感の理由がもうひとつ。
わたしが大学生の頃、大学近くの歯科でひどい治療をうけたことがあります。
何年か前、ふとその歯科のことを思い出して、「あそこまだ続けていやがるんだろうか?」と歯科医院の名前をインターネットで検索したことがありました。
そのときこの歯科医院で「石井光三社長に遭遇した」という書き込み(?)を見かけ、あのひどい歯科を受診したお仲間なんだ、と勝手に親近感を抱いていました。

そうそう、先ほどわたしの鬱のことに触れましたが、鬱のときにぎやかだったり騒がしかったりするのが苦手だったのですが、石井社長の声は不思議と不快でなく、むしろここちよかったのを思い出しました。あくまで個人的な感覚ですが。
きっとわたしの波長に合う方だったのかなと失礼かもしれませんが思っています。

とても残念です。

石井光三社長の御魂がやすらかでありますように。
 

寂寥

 投稿者:エミー  投稿日:2015年 1月15日(木)21時50分15秒
  石井光三さんの御逝去、謹んでお悔やみ申し上げます。
私が、初めてライブで観た星屑の会公演の時、本多劇場で、劇場を後にする際に、お会いしました。
『おおきに!ありがとう!』と握手してもらいました。
星屑の会を初めて劇場で観劇したので、芝居の感動の後、石井光三さんと握手出来て、ものすごく嬉しかった思い出があります。
そして、忘れもしない2010年3月のNHKドラマ「まいど238号」 。日本放送作家協会大賞を受賞したドラマなので、ワクワクして観ました。そのドラマに石井光三さんが、寝たきり老人の役で、一言も台詞無く、オムツを代えてもらっていました。ドラマも素晴らしかったですし、ワンポイントで、印象的な石井光三さんの芝居に驚きました。
私の小さな思い出です。
 

訃報です

 投稿者:小宮孝泰  投稿日:2015年 1月15日(木)00時10分58秒
編集済
  新聞やテレビ、ネット上の情報で皆様ご存じだとは思いますが。
私たちコント赤信号の育ての親である、石井光三社長が亡くなりました。
1月6日、享年83歳でした。
葬儀は家族や身内の者、石井オフィスのスタッフや所属タレントのみの密葬でした。
ただ、私とリーダー渡辺正行だけが事務所を離れた者として特例で参列いたしました。
数年前から首の骨を痛めて療養中なのは知っていましたから、ある覚悟はできていましたが、さすがに私たちにとっても一つの時代が確実に終わった感がしました。
私も数件の取材を受けましたが、下記はあるテレビ局に私が送ったコメントです。

※ ※ ※
石井光三社長は私にとって、実父、師匠・杉平助と共に、3人目の父親のような存在でした。
劇団を卒業し、ストリップ劇場で修行していた若造の私たちコント赤信号に、芸能界での行動規範を基礎から教えてくれました。
疲れを知らないあのエネルギーには驚きと尊敬の言葉しかありません。
正直言って、素の石井社長を見たことは、長い付き合いの間に今まで一度もありません。石井社長にとって全ての行動は、芸能界を生き抜く良い意味での“演技”でした。あの超人技の真似は難しいです。
お弁当が大好きな一面も、大声でがさつそうに見せている一面も、全部したたかな計算だと見抜いていたのは身内だけかもしれません。
若い頃は役者をやっていて、信じられないかも知れませんがとても二枚目でした。
まさに、男の顔は人生で作られていたのです。本当にお世話になりました。
現在、石井オフィスを離れている私としては、ご冥福を祈るばかりです。
※ ※

死因は胆管癌とのことでしたが、自宅で家族に看取られながら苦しまずに静かに息を引き取ったそうです。それが何よりでした。
本当にお世話になりました。石井光三社長ありがとうございました。

もし皆様の中で、石井光三社長の思い出がある方は書き込んでいただけると良い供養になるかと思います。
 

迎春

 投稿者:nanasuke  投稿日:2015年 1月 5日(月)22時50分58秒
  小宮さん、みなさま、あけましておめでとうございます。

昨年も小宮さんのお芝居や演技からいろいろなことを教えていただいたような気がしています。
今年もたくさん吸収させていただきたいです。歳を重ねてきたせいか、すぐに乾いてしまうので(笑)

ようやく、今日年末のドラマと元日のコント拝見できました!
明日から出勤なので、今日は母に頼んでテレビとレコーダーを使わせてもらいました。お休みの日は、母が駅伝やフィギュアスケートどっぷりと録画して観ているので、一日譲ってもらったのです。

2時間ドラマ、久しぶりに観ました。
重いテーマでしたが、とても見ごたえのあるドラマでした。
小宮さんの役も、闇世界の住人というか橋渡しというか、狂気というよりも目の前に障害があるからただ消すだけというような、そういう不気味さと恐さをもった人物のように感じました。クルミでしょうか、生き死にに無頓着なようでいて、「生きる」ことに前向きな「食べる」「かじる」ことをクセのようにしているように感じ、小宮さんの演じた「土岐」のいる空間だけ別の世界のオーラみたいなものを感じました。

転じて、元日特番では出番が始まると同時に弾けるように飛び出していらしてみずみずしい印象をもちました。
キュウリをなかなか出せなかったというリーダーへの「そんなもん見ればわかるよ!」というツッコミがコンパクトでありながら、小気味よく耳に残り、間が絶妙だなと感じました。
コント赤信号を含めてあの番組ではたくさん笑わせていただきました。

小宮さん、みなさまにとって穏やかな一年でありますように!
 

まだ松の内

 投稿者:小宮孝泰  投稿日:2015年 1月 5日(月)12時16分35秒
  皆様、新年あけましておめでとうございます。書き込みもありがとうございます。

半蔵門さん>お久しぶりです。悪役らしくない悪役を目指してました。お褒めの言葉を有難うございます。
近頃の赤信号は3人とも、体力や体型、健康に気をつかっているようです。本当の私は半分は白髪頭ですけど(^0^)
UFOには詳しくないので分かりませんが、ひとまずよかったですね。

satomiさん>最近は、やはり若い頃の声と変わりましたね。ナチュラルに喋るとあんな感じになります。
ドラマ自体も良かったと私も思います。ゲスト主役の青年も良かった。また、こんなドラマに出たいですね。
暴走族ネタでは、3人とも少し若作りに無理してましたね(^0^)
私は個人的にロバートが面白くて、さらにシソンヌには現場でも笑いが止まりませんでした。芝居風で最高でした。

ガルシアさん>そこまで懐かしんでもらえて光栄です。だからこそ我々は元気でいないとね。役者として精進するためにも。
闘病記は力作ですね。色々参考になるのでこれからじっくり拝見します。

今年の年明けは家でおとなしくしておりました。
その代り、色々お正月料理を作ってみたり、身辺整理をしてみたり、スタートの準備は怠りませんでした。
阿佐ヶ谷ラピュタという映画館で、加藤大介の特集を見たりもしています。なかなか面白いですよ。
今日はこれから、立川志の輔さんの渋谷パルコに行ってきます。

皆様、本年も書き込み・応援をよろしくお願いいたします!
 

謹賀新年

 投稿者:ガルシア  投稿日:2015年 1月 2日(金)15時08分13秒
  小宮さん あけましてオメデトウ御座います。
昨晩、懐かしのコンと赤信号を拝見しました。
正直、胸にこみ上げてくる熱いものがあったのは隠しきれませんでした。私も歳をとりました。
今年も宜しくお願い申し上げます。

我が家でも、やっとChromecastが繋がりました。

心疾患を回避する一つの手段になればと考え、小生の闘病記をYouTubeに公開してます。是非ご覧ください。

『心臓 第一章』7分44秒
http://youtu.be/XcudtmLeCTw

『心臓 第二章 手術・心筋梗塞』8分42秒
http://youtu.be/VTyafB_Ri_o

『心臓 第三章 幻覚に追われて』8分50秒
http://youtu.be/qLJGpqcjjgc

『心臓 第四章 一般病棟へ』7分28秒
http://youtu.be/U2pyDXn_f1Y

『心臓 第五章 深夜の激痛』8分25秒
http://youtu.be/IBMpT2yVsvQ

『心臓 第六章 アンカロン』7分27秒
http://youtu.be/VpKRwaDgev8

http://www3.plala.or.jp/GARUSHIA/

 

2015年

 投稿者:satomi  投稿日:2015年 1月 2日(金)00時15分9秒
  あけましておめでとうございます!
昨年はいろいろ拝見できて楽しい年でした。
今年も楽しみにしています。よろしくお願いいたします。

12/24のドラマ拝見しました。
凶悪犯役は静かな分余計怖さが出ていました。あの声のトーンがいつもの雰囲気を消してすごくよかったと思います。あの声や話し方、すきです。
意外と悪役路線もいいのではないでしょうか、とふと思ったりしました。
ドラマ自体もおもしろかったです。

今日は一転。コント赤信号。
ほんとに皆さん変わりなくて驚きです。何度観ても面白い。
ツイッターでもすごく評判よかったのでうれしかったです!
初めて観た方とかもたくさんいたようで盛り上がってました。ただ小宮さんの活動を知らない方もいたのでもっと知っていただけたらいいのにと思った次第です。

今日はこちらでも珍しく雪が降りました。気をつけてお過ごしください。
 

元旦の夜に

 投稿者:半蔵門  投稿日:2015年 1月 1日(木)23時28分29秒
  小宮さん、新年、あけましておめでとうございます。

小宮さん、関係者多数にとって更なる発展の年でありますように魂から祈っております。

ところで、
2014年 年末の悪役の名演技見ました。どうしても比較してしまうのですが、数ヶ月前ドラマで見たM尾T史さんの悪役より悪役さが出ていました!
2015年 元旦のコントは画像だけでも面白さが湧き出ていました。3人であそこまで出来るお笑いは「コント赤信号」だけですね!また、皆さんの体型とふうぼうが全然変わっていないところに驚きました!

それから、個人的なことですが、
引っ越ししてからUFOに追いかけられることがなくなりました。(良かった!)
新たな地で頑張ります。

そんなわけで今年もよろしくお願い致します。

2015年元旦
 

レンタル掲示板
/80